合同会社の設立・変更の手続きは、
神戸三田合同会社サポートオフィス
(行政書士 三入法務事務所)にお任せください。

合同会社は非常に使い勝手の良い制度であり、現在その設立数は増えつつあります。

株式会社と同様に、1人で設立することができ、資本金も1円以上でOKです。また、出資者が出資の金額の範囲でのみ、その損失の責任を負う有限責任であることも、株式会社と同様です。

ただし、合同会社は株式会社よりはるかに安い費用で設立でき、ランニングコストも極めて低廉です。

合同会社の設立には、株式会社の設立の際に必要となる公証役場での定款の認証が必要ありません(株式会社の場合、手数料50,000円)。
登録免許税等も株式会社より安く済みます(株式会社: 150,000円、合同会社:60,000円)。

さらに、決算公告や役員の再任等の登記手続き、株主総会の開催といった株式会社では必ず必要な費用のかかる手続きが不要になります。

合同会社のメリットの1つとして、出資者の合意によって、自由に組織のルールを決めることが挙げられます。
株式会社においては、法律によって、株主総会・取締役・取締役会・監査役等の機関を置く必要がありますが、合同会社では出資者の合意によって自由に組織を構築することが可能です。

また、利益の配分についても、株式会社の場合は出資額に応じての配当になりますが、合同会社の場合は出資額の多少によらず、出資者間の合意で自由に利益の配分を定めることができます。
例えば、会社に出資をしていない場合でも、技術やノウハウなどで会社の売上に貢献している人に利益の配分を与えることもできるのです。

このように非常に魅力的な制度である合同会社ですが、その良さを十分に生かすには、起業の目的・社員数・出資の割合・事業の種類などに適合した組織・定款を作る必要があり、法務のプロの関与が必要不可欠になります。

当事務所では、合同会社の設立申請やその他の手続きを代行することによって、皆様の時間・手間の節約をお手伝いいたします。


ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

☎078-959-5750 担当:三入(さんにゅう)



 

このページの先頭へ